2015年11月22日日曜日

AVTokyo2015のバッジを作った。

ちーわわ!せぐふぉですよ!

AVTokyo2015に今年も参加したわけですが、そこでもらったこれ、参加証のバッジ。



これな

もらった時は
なんだこれ????基盤????
パーツねーぞ????んん?????
どうするんだこれ、どうせなら遊びたいぞ
って思いましたが、一緒にいた人達に聞いてみたところ・・・


「あ、このそこでパーツ売ってるよ、買ってきたら?」

ぼく「まじっすか!買ってきますっ!!!!!」
売店のイケメンおにーちゃん「後で呼ぶから、そしたら来て1000円払ってね!」
ぼく「はーい」

1時間経ったぼく「呼ばれないぞ・・・」
2時間経ったぼく「これ無理じゃね」
3時間たったぼく「あ、後30分で終わっちゃう」

ついに、AVTokyo2015が終わってしまった。
最後まで、呼ばれなかった。
・・・ので、売店のおねーさんに問い合わせてみた

ぼく「部品ってここで買えません?」
おねーさん「ちょっと待って下さいね」
隣りにいたおにーさん「あーごめんなさい売り切れちゃいました、
              後でAVTokyoのページに部品全部のせますよ―」
ぼく「まじっすか!!!やったーーーーあざます!!!!」


というわけで、約1週間後の今日、AVTokyo2015のバッジを完成させてみました。
Arduino互換なので、色々と楽でした。

持っててよかったArduino(詳細は後述)


1.パーツを集める
このページに載ってる情報を元にパーツを集める
http://ja.avtokyo.org/avtokyo2015/badge

秋月電子さんで全部買いました。
AVTokyoのページの情報だと、Arduino互換のものが出来上がるらしい。
ちゃんとUARTもついててそれっぽい。

Arduino互換ってことはプログラムは、スケッチじゃろ
あと、Arduino IDEが必要。ライターどうしようかな・・・(後述)


2.ハンダ付けをする
はんだづけして、IC乗っけて終わりーーーーと思った。

でも現実はそう甘くはなく
「そういえばこれプログラムってどうやって載せんの??」
当日に完成させたみなさん、一定のパターンとかで光ってたよね。スイッチとかで切り替えてたよね
プログラム載せる必要あるじゃん

3.つまづく
初心者なので、このあたりのことわからないから、
「ICなんてどこで買っても同じだろwwwww」
と思ってた。そんなことはなかった。

ブートローダーが入ってない奴だったよね。

4.ブートローダーを書く
この辺りを参考にして
https://www.arduino.cc/en/Tutorial/ArduinoISP

こうする。

これでブートローダーが書けるんじゃ・・・便利じゃろ?
高いライターを買わなくてもええんや・・・

んで、問題はスケッチを書くあれだけど、
Arduino互換なら、ブートローダも書いたし、ArduinoのICと付け替えてやれば書けるだろ。

というわけで、Arduinoのもともと有ったICを外して、AVTokyoバッジ用ICを付けてやる。

んで、普通にArduinoに以下のURLのスケッチをブチ込むと書ける。
https://github.com/mikodayo/AVT15/blob/master/AVT15.ino

便利ですなぁ。
持っててよかったArduino。

5. 完成


6.動作確認

無事に動きました。
来年もこういう楽しいのが有ったらいいなー(他力本願)

以上!

0 件のコメント:

コメントを投稿